不登校

息子は中学になってからもサッカーを続けていましたが、小学生の時のような目の輝きはもうありませんでした。いつも気持ちがフワフワと彷徨っているのがわかるのです。それでもチームメイトは皆いい子たちばかりで、息子に今までと変わらず接してくれ、随分と救われました。私自身はといえば、世間の好奇の目(勝手に思っていただけかもしれませんが)にさらされる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more